Warning: getimagesize(https://www.zumisan.com/wp-content/uploads/2015/09/gagem-logologo-e1441778718944.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/grits/zumisan.com/public_html/wp-content/themes/lionmedia/single.php on line 19
FireTVの速度アップや改善策【ガジェットアイテム】 | Gagemガジェム|最新ガジェットコラム
NO IMAGE

アマゾンのプライムビデオをTVで見たいがためにFireTVを購入しましたが、
速度が!!って方へ、おすすめアイテムと改善案をメモしておきます。
FireTVの速度改善。FireTV速度がでないよ。って問題のメモです。

まず、自分は無線ルーターですが、
1Gの速度に対して、2年前ぐらいに購入した300Mのルータを使用していました。
これを、最新のAterm(WG2600HP)へ買い替えを行いました。
最新の11acに対応した、1733Mbpsのアイテムです。
いつもは、BUFFALO製を購入していましたが、値段的とデザイン性的に今回はこちらを購入。
・NEC Aterm WG2600HP

特徴的なのは、ビームフォーミング対応という、
Wi-Fi使用をしているデバイスを認識し、そこに向けて電波を発するという機能みたいです。

これにより、まずは速度を純粋にマンションタイプのマックス速度対応が可能なように整えました。
その後、FireTVですが、3機種ある内の一番グレードの高いものは速度が速いと、ビックカメラの店員さんが言っていました。
且つ、無線ではなく、有線でつなぐと最強であるということから、6aという規格に対応しているLANケーブルを購入。
※7aまではいらないみたいです。
・LANケーブル6a対応

という準備が完了しましたが、自宅のマンションはクローゼットの中にネット環境の大本があり、
TVまでLANをつなぐことができず、リビングのLANジャックからFireTVとブルーレイディスクレコーダーの2つに有線LANケーブルをつなぐために、スイッチングハブを購入しました。

・BUFFALO ギガスイッチングハブ LSW4-GT-5NS

店頭の人に値段だけでみずに、ギガ対応しているものを購入してくださいと言われ、上記を購入。
それでも、4,000円ぐらいです。

という、環境を整えていざfireTVを閲覧すると、爆速でした!
YouTubeに関しても問題なく、読み込みされるので快適な環境を手に入れることができました!

余談ですが、
ブルーレイレコーダーに有線LANケーブルを使ったのは、外出先からも録画予約や、違う部屋にあるTVで録画したものをみたり、風呂場での録画閲覧を行いたかったので、ネット環境を強めました。

ガジェットカテゴリの最新記事